新年のご挨拶

新たな元号になり最初の新年を迎えるにあたり、ご挨拶を申し上げます。

旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。

皆様に支えられ、入間東部シルバー人材センターは5年目を迎えることができました。これも会員の皆様の多大なご協力と、お取引先様の深いご理解のおかげであると承知しております。

昨年、当センターは着実に成長を遂げることができました。その中でも特に注力している事業が派遣事業です。

埼玉県内にはシルバー人材センターが60団体ありますが、派遣事業実績を見ると合併当初の平成28年度は県内で3番目、平成29・30年度は2番目、今年度は1番多いセンターとなりました。(各年度9月末時点の実績値です)

これは会員の皆様の日々の働きが、高く評価されている結果だと思います。また、センター職員の地道な努力が実を結び始めているものと感じております。

地域へのPR活動として、今年の2月には3回目のシルバーフェスティバルの開催を予定しております。昨年以上に皆様に楽しんいただける催しとなるよう関係者全員が一丸となり準備をしているところです。当センターを地域に広く宣伝し、会員の皆様の就業拡大につなげてまいります。

また、たくさんのお仕事をいただけば、けがや事故が起こる件数が多くなることも想定し、未然に防止策の徹底を図らなければなりません。残念ながら昨年は傷害や賠償事故が多発しました。これらを教訓に「安全は何よりも優先される」を合言葉に、安心・安全な就業を提供していきたいと考えております。

皆様の毎日が、楽しく「生きがい」をもって過ごせるようなセンター運営を目指してまいりますので、今年もご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

理事長 萩元 寶三郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です