令和2年度事業計画・予算

当センターでは将来の高齢化率の上昇に備え、様々な安全対策や講習会などを催しております。また、昨年度からは地域班が刷新され、サポーター制度として運用が開始されました。現在では35名のサポーター会員が様々な催し物などにご協力いただき、センター運営の重要な役割を担っていただいております。

県内のセンターの令和2年1月末時点の実績の累計をみますと、1番がさいたま市シルバー人材センター、2番目に多いところが草加市シルバー人材センター、3番目が入間東部シルバー人材センターとなっております。また、昨年に引き続き派遣の事業実績値(累計)については、当センターが埼玉県内で契約額が一番多いセンターとなっております。

新年度につきましても、好調な実績のさらなる成長と高い水準の安全対策を整えることで、会員の皆様と地域社会に対して貢献できるセンターを目指してまいります。つきましては下記のとおり事業計画を策定いたします。

1.事故0を目指して、安全就業対策を進めます

  1. 会員の健康づくりを支援します
  2. 仕事別グループによる就業現場の安全管理の推進
  3. 安全委員会による就業現場の巡回による安全確認の実施
  4. 安全就業義務違反の取り扱いについて周知し、実施
  5. 安全担当者による作業道具、機材の使用方法、点検管理の推進
  6. 各種講習会の開催

2.シルバー人材センターらしい仕事を目指して、適正就業を推進します

  1. 仕事別グループの設置促進、育成
  2. 仕事別グループ運営の指針による運営の自己チェック推進
  3. 就業交代制度の新たな対象業種の検討、追加
  4. 就業に係る契約内容の確認、適正化への改正
  5. 各種講習会の開催

3.あらゆる機会を通じて、就業機会を確保します

  1. 定期的に営業会議を開催し、効果的な営業活動の展開
  2. 公共機関等から新たな仕事の獲得
  3. 家事援助事業の積極的な展開
  4. 一般労働者派遣事業及び有料職業紹介事業の実施

4.強固な組織づくりを進めます

  1. 会員サポーター制度の周知及び推進
  2. あらゆる機会を通じて会員増加への取り組みの推進
  3. 入会説明会の内容充実を図る
  4. 未就業会員の状況把握と就業推進
  5. 財政基盤の確立

5.会員の融和を進めます

  1. 各種イベントの開催
  2. サークル活動の支援
  3. ボランティア活動の推進

6.積極的なPR活動を推進します

  1. 各種行事への参加
  2. センターのPRチラシ等の作成、活用
  3. 市町広報誌の活用
  4. 会員への事業運営状況の周知
  5. センター広報誌の発行

令和2年度収支予算書(概略)

事業計画及び予算については、理事会での承認事項です。
令和2年度事業計画予算については、令和元年度第13回理事会(令和2年3月18日開催)において承認されました。この事業計画及び予算については

令和2年度総会
期日:令和2年6月13日(土)
会場:大井中央公民館

にて詳細が正式に報告されますが、4月1日から新年度が執行されますので、本号で概略をご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です