実績拡大は誠実な姿から

理事長 萩元 寶三郎 

暖かな風が心地よい季節となりました。会員の皆様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

国内の情勢は昨年に引き続き、人手不足の解消と働き方改革の推進やテクノロジーの活用が叫ばれるなかで、これらは大きな課題として様々な企業が抱えております。

我々はそうした課題を抱えるお客様のパートナーとなるために、丁寧にお話を聞き、現場を見て、会員の皆様の就業につなげることで、いくつもの課題を解決するお手伝いをしております。

入間東部シルバー人材センターは「地域に必要とされる組織」として確実に前進しております。昨年は消費税にいよる増税や大型台風による自然災害が発生するなど、様々なことがあった年でした。そのような年であっても、当センターの実戦機は着実に拡大し続けております。

実績拡大の要因を見ていくと、職員の清寧な対応があり、現場で働く会員の皆様の一生懸命働く姿が見えてきます。このセンターに関わる一人ひとりの仕事に対する姿勢が同じ方向を向いているからこそ、実績の拡大という結果につながっていると確信しております。

シルバー人材センターの可能性は無限大であり、様々な人々を笑顔にする力を持っています。この力を最大限に引き出し、我々入間東部シルバー人材センターの魅力を広く知っていただくことに、尽力してまいりたいと考えています。

本年2月には、キラリ☆ふじみで盛大にシルバーフェスティバルを開催することができました。メディアにも取り上げていただき、生き生きとした会員の皆様の姿を多くの方に知っていただく良い機会となりました。

入間東部シルバー人材センターが、地域になくてはならない存在となるために、さらなる成長を図ってまいります。会員の皆様には、引き続きお力添えいただきますよう、今後もよろしくお願いいたします。

事業実績(途中経過)

Image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です